働きやすさを重視したオフィスのレイアウトの事例とは

オフィス レイアウト
オフィスレイアウトには、いろいろな種類があります。向かい合う形になる「対面式レイアウト」、学校の様に同一方向に並べる「スクール式レイアウト」背中合わせで座る「背面式レイアウト」、左右対称で収納と作業スペースが広く確保可能な「左右対称式レイアウト」、ほかにも「フリーアドレス式レイアウト」などがあります。各自が黙々と仕事をこなす職場なのか、話し合ってコミュニケーションを取る必要がある職場なのかによって、オフィスレイアウトは変わります。理想的なレイアウトであれば、仕事もはかどり作業の効率アップが狙えます。レイアウトを変えるだけではなく、効率アップを狙うのであれば机の上の整理整頓をする事をお進めします。パソコンを打つにも、きちんとした作業スペースが確保できていないと効率が悪くなってしまいます。

個人で黙々と仕事をこなすオフィスのレイアウト

黙々と仕事をこなすのであれば、「左右対称式レイアウト」「フリーアドレス式レイアウト」がお勧めです。他にも「ブース式レイアウト」と言うレイアウトもあります。デスクの周囲をパネルなどで囲い、周りの音や視線を遮り作業に集中出来る様になります。静かな環境で、個室のような落ち着いた雰囲気で作業が出来るので集中でき作業効率アップです。プログラマーやクリエーターなど高い集中力が必要な人に向いているレイアウト方法です。パネルを置いてしまうとコミュニケーションが取れなくなり、孤立してしまうと思うかもしれませんが、パネルの高さを低めにしておけばコミュニケーションも取りやすくなりますし、作業の進行状況の確認も出来ます。人事変動の時にも移動がしやすく、バランスの良いオフィスと言えます。

チームワークが必要な仕事のオフィスのレイアウト

気軽に意見を出し合い、話し合えるオフィスには「背面式レイアウト」が良いと思います。作業をする時は背中合わせで向き合う事が無いので、他の人の視線を気にせず作業を進める事が出来ます。後ろを向けばすぐにコミュニケーションが取れるので、チームで共同作業が多い仕事に向いています。個人の作業に集中出来て、移動しなくても会話が出来るのは作業効率にもつながります。この頃は、「フリーアドレス式レイアウト」と言う配置もあります。形は「対向式レイアウト」に似ていますが、固定席がなく在籍率によって調整する事が出来るのでスペースの効率がよい配置です。それぞれの仕事の内容によってオフィスのレイアウトを変えて行けば、社員は集中して働きやすい職場になりますし、会社側は、集中して業務をこなしてもらえるので業績アップにつながります。