レイアウトを変更することでもたらされるオフィスの変化とは

オフィス レイアウト
オフィスのレイアウトを取り替えることのデメリットは、手間です。レイアウトによっては備品の買い替えも必要になり、また一新するのであれば、それは仕事を一時中断するほどの大仕事になります。しかしその日一日、多くの時間を過ごす場所であり、お客様を迎える場所であり、自分たちの拠点の雰囲気を替えることで、社内の雰囲気や働きやすさが変わることは良く知られていることです。もちろん人間関係までもが一新されるわけではないですが、それでも大きな人事異動とともにオフィスのレイアウトを変更することで、前の会社の雰囲気を一新する働きも期待できます。そこまで大げさな効果を期待していない場合でも、話し合いがしやすいオフィス、人が動きやすいオフィス、集中しやすいオフィスとコプセントをはっきりさせてレイアウトを変更することで、仕事の効率が上がる可能性は高いです。

オフィスのレイアウトを変更してモチベーションをあげる

モチベーションを上げるという点でオフィスのレイアウトの変更はとても大切です。またリノベーションと内装の変更はオフィスを美しく維持するためにも重要です。壁や床のシミひとつで仕事がおろそかになるわけではないですが、そこが汚れているというだけで掃除をする甲斐が薄れます。しかし綺麗なオフィスは、キレイに維持したくなる人は必ず出てきます。もちろんすべての方がそういうわけではないですが、キレイな場所は綺麗に維持しやすい場所でもあります。綺麗というのは仕事がしやすい環境の条件にもなります。たとえばカフェで仕事をする人は、家で家の雑事や汚れが気になってしまうという人が多いのです。その点、カフェであれば適度な音楽と人の会話があり、不快な臭いやヨゴレ、そして雑事も無いので、仕事に集中できます。

オフィスのレイアウトを変更することで効率化を図る

オフィスにはさまざまな人が、さまざまな仕事をしていますので、すべての部署が同じレイアウトにするという点は無理があります。目的別に部屋のレイアウトを変更することは当然です。一昔前は、向い合せて横並びというオフィスが一般的でした。今でもそのようなオフィスは多いです。いまオフィスのレイアウトについて、いろいろ考えられているのは、やはり画一的なオフィスでの仕事のやり方に限界があるということが認識されているからです。もちろん会議室をつかって会議をすればいい、集中は環境ではなく個人の能力という考え方もあると思いますが、会議室をわざわざ使うほどでは無いが常に話がしやすい環境であるほうが効率がよい仕事に、いちいち会議室を押さえて会議室を利用するのは効率が悪いです。今の時代は画一的なものを押し付けられる時代ではなく、自ら効率的な方法を模索する時代なのです。