オフィスのレイアウトの変更を成功させるコツとは

オフィス レイアウト
オフィスとは、働くための空間ですが、レイアウトによって従業員の動き、流れは変わります。つまり、オフィスの空間は働き方に大きく影響します。オフィスの見た目がおしゃれでも、整然としていても、従業員の行動や意識変革が即されない空間ではダメです。従業員が働きやすくなるための場、はたくために必要な文具や家具といったツール、従業員が場やツールを使いこなすための運用、これらが働く環境です。働く環境を向上させて働きやすさを作ることで、従業員の意識や行動に影響を与え、その働き方が改革へと変わってゆくのです。スムースな同線を確保して、人と人の関わりを生かせるような家具やツールの配置を心掛ければ、きっといい仕事へ繋げる空間づくりができるはずです。人と人がつながれば、仕事の効率もアップします。

プロのレイアウト例を参考にしてみる

実際にオフィスレイアウトという分野のビジネスがあるくらいなので、レイアウトの違いが会社の雰囲気やモチベーション、そして業績アップに関係してくるのかはもうお分かりのことでしょう。プロのレイアウト例などを見るのも大変参考になります。プロから学ぶレイアウトとして、基本になってくるのが、すべてのツールの採寸です。デスク、椅子、キャビネット、機器、オフィスにあるツールのレイアウトを考えるためにすべて採寸し、オフィスの図面コピーの上にレイアウトしてゆくのです。創造だけでレイアウトを決めてゆくのは大変すぎるので、実際に図面に書き入れることで、より働きやすい、動きやすい、コミュニケーションが図りやすい空間を創造しやすくなります。配線上、動かせない機器も図面で確認することもできます。

会社の将来を変える投資案件と考える

オフィスのレイアウト変更は簡単なことではありませんが、会社の将来を変え得る大きな投資と捉えてください。オフィスは単純に空間の創出だけではありません。従業員のモチベーションや会社としての生産性を左右し、会社としての社員への想いを具現化し映し出すこともあり得ます。オフィスレイアウトを考える時に重要なのは、オフィス空間を機能や用途に応じたスペース分ける作業です。この作業は直接業務効率に影響します。会議スペース、商談スペース、執務スペース等、必要スペースをリストアップし、空間の広さや配置について検討します。コミュニケーションを円滑にすべく、関連性の高そうなスペース同士はできるだけ近くに配置します。本格的にレイアウト変更をするなら知識を持った専門の業者に相談するという手もあります。

東京、名古屋、大阪におけるオフィス物件の選定から、外壁工事や内装設計、家具や通信インフラまで総合的なサービスを提供しています。 弊社と他社との違いは「日本一お客様を大事にする」行動指針に基づいた、オフィスデザインのご提案を通じてお客様の業績向上に貢献することです。 我が会社は、オフィスデザインやオフィス内装をデザインから工事までやり、皆様にお求め易いお値段で手を打ちます。 オフィスのレイアウトを変えるならフロンティアコンサルティング